妊娠中期症状 妊娠6ヶ月(20~23週) 胎児の成長 妊婦ママの体の変化
妊娠 出産 育児サイト★明日もママ頑張るよ!

妊娠6ヶ月(20~23週)

妊娠6ヶ月

妊娠6ヶ月(20~23週)

妊娠20週になると、おなかのふくらみは、かなり目立ってきます。 おなかが大きくなったと感じる時期です。 おなかが前にせり出すと、背骨の傾きが変わるので、 腰や背中の筋肉に負担がかかってきます。

このため、マイナートラブルがおきます。 腰痛や背中の痛み、足がつる、などです。 大きなおなかを支えるためにバランスがとり辛くなります。 足が疲れやすくなったりするので、お風呂でマッサージをしたり 妊婦体操をして乗り切りましょう。

おなかが張っているときは、無理をせずに安静にしましょう。 今まで、胎動を感じなかった人も、感じるようになります。 静かな時間を作って胎動を感じましょう。 赤ちゃんが、100回動くうちの40回ぐらいしか感じてないそうです。 静かに横になる時間を作ると、胎動を感じやすくなります。

胎児の成長 大きさ

胎児の大きさ 約30cm
子宮の大きさ 18~21cm

妊娠ママの体の変化

後期に向けて、胎児の体重がこの時期から増え始めます。 ママが食べ過ぎると、赤ちゃんの体重も増えすぎてしまうので、 妊娠体重の管理が必要になって来ます。 ママが太り過ぎてしまうと、妊娠中毒症になりやすいので注意が必要です。

大きなお腹を支える為、腰痛になったり、足がつる人も多いでしょう。 妊娠中は、食べる・動くで体重管理をしっかり守りましょう。

早いママは母乳が出る人も・・・

乳房が大きくなり、半透明のおっぱいがにじむこともあります。 これは、ママのおっぱいが赤ちゃんの為に準備しています。 そろそろ、母乳育児に向けて、おっぱいマッサージをしましょう。

出産に向けて少しずつ準備

体が動ける今のうちに、出産準備を進めましょう。

出産 準備
マタニティ服 画像
マタニティ服
おなかが大きくなって来ると、普段着が着れなくなります。 そろそろ、マタニティウェアを用意しておきましょう。
妊娠 準備 マタニティガードル
マタニティガードル
マタニティガードルも人気があります。 しっかり、おなかをサポートしてくれるので便利です。3~4枚持っていると便利です。
妊娠予防線クリーム 画像
妊娠予防線クリーム
おなかが大きくなって来ると「妊娠線」が出来やすくなります。 妊娠予防線クリーム をしっかり塗って保湿をしましょう。妊娠予防線対策も早めの準備を!

↑このページのTOPへ