胎教とは妊娠中のママと胎児をリラックス
妊娠 出産 育児サイト★明日もママ頑張るよ!

胎教とは?

胎教とは

胎児の耳が発達してくる

胎児は、ママの声を一番聞いています。 優しい声、元気な声、全て胎児は聞いています。 この耳が発達して来る時期に胎教をすると良いと言われています。 では、どのような事をするのでしょうか。

胎教の始める時期

胎児の聴覚などが発達してくる妊娠5ヶ月(妊娠16~19週)頃が一般的。 妊婦がよい音楽や絵画、文学などに親しむことが、胎児にも良い影響を与えるというのが胎教の考え方です。 最近では、超音波などで胎児の様子が分かるようになり、母親を通して外界からの影響を受けることがハッキリと分かるようになってきました。

おなかの中で聞いている

胎児の聴覚が発達してくると、ママの声、ママが好む音楽、パパとの話し声などを聞いていると言われています。 産まれてきてママの声を識別出来るのは、おなかの中で聞いていたからです。 ママがイライラしたり情緒不安定になると、赤ちゃんも情緒不安定になりやすいです。 ママと赤ちゃんは一心同体です。この頃(妊娠中期)の胎児の成長を見てみましょう

胎教とは、胎内にいる赤ちゃんの脳を刺激して良い環境を作る事です。

胎児と一緒にリラックス

お腹の赤ちゃんとママに一番良い環境作りが大切です。 大好きな音楽を聴いたり、美味しいものを食べてリラックスしたり。 妊娠生活を楽しむようにします。

脳が発達してくるこの時期に、音楽を聞いたり、ママの声を聞かせる事が一番の胎教の環境です。

↑このページのTOPへ