胎教とは妊娠中のママと胎児をリラックス
妊娠 出産 育児サイト★明日もママ頑張るよ!

胎教に良い本

胎教本

胎教におすすめの本

母親の精神状態が胎児の心拍数を左右する。 特に妊娠後期に母親が強い精神的ストレスを受けると、情緒的に不安定な赤ちゃんが生まれやすい。

夫婦喧嘩をしていたら、赤ちゃんがおなかを蹴ったなどという話を聞いた事があります。 母親の不安や動揺は、ホルモン分泌の変化による血液の流れを左右し、赤ちゃんの心臓の鼓動に直接影響します。 妊娠中は、いろんな面で不便を感じ、ストレスを受けやすいです。 なので、夫の支えは必要不可欠!! 母親は、上手にストレス発散したり、気分転換をしたり、誰かに話を聞いて貰ったりしましょう。 体内に10ヶ月いた胎児の影響が、一生に左右すると思えば、やりくり上手にならないとですよね。

胎教は母体の状態がとても良い事が理想です。ストレスをためずに、リラックスする事を心がけて下さい。 些細な事でストレスを感じたり、不安・悩みが尽きないのが妊娠中です。 本を読んだり、音楽を聴いたり、上手に気分転換をするのが妊婦ライフにとても大切な事です。

↑このページのTOPへ