高齢出産とは35歳以上の初産婦を高年初出産
妊娠 出産 育児サイト★明日もママ頑張るよ!

高齢出産のリスク

高齢出産リスク

高齢出産とは

以前は、30歳以上の初産を「高年初産」としていましたが、 1991年から「35歳以上」と改められました。 晩婚が増えている今日、「高年初産」も珍しいものではありません。

体力的に考えれば、もちろん若いほうが楽には違いないけれど、高齢出産の場合 経済面や精神面でゆとりがあるため、 母親がゆったりした気持ちで赤ちゃんを迎えられるというメリットもあります。
高齢初産と反対に、19歳以下の若さで分娩することを「若年初産」といいます。 高齢・若年妊婦、初妊婦、肥満型、高血圧の人は妊娠中毒症にかかりやすいと 言われています。

高齢でも、2回目の出産なら35歳過ぎでも20代と変わらない

一度でも、経験をしていると軟産道の状態が初産のときとは変わっているため、 比較的開きやすく、安産な状態になっているのは確かです。 初産に比べて分娩しやすいが体調の変化には注意が必要!!

高齢のリスク

20代をピークとして、年齢が進むにつれて一般的には妊娠を維持する能力は低下します。 例えば、高年齢となると、流産や早産の頻度が高くなります。

高齢出産は増加傾向

晩婚の現代、女性が働くようになり高齢で出産する女性が増えています。 体を労り、健康に気を付けて無事に出産する方も多いです。 無理をせず、早寝、早起き、適度な運動、脂分の少ない和食、温野菜をとるなどして体を大切にしましょう。 体の冷えも要注意です。

↑このページのTOPへ