高齢出産とダウン症について
妊娠 出産 育児サイト★明日もママ頑張るよ!

高齢出産とダウン症

高齢出産ダウン症

高齢出産のダウン症について

35歳を過ぎた妊婦から産まれる児には、 ダウン症などの染色体異常やその他の奇形が多いことが知られています。

ダウン症についていえば、30歳では約900例の分娩に対して一例の発症があります。 35歳では約350例に対して一例、40歳では約100例に対して一例という具合に、 年齢が進むとともに、発生する頻度が高くなります。

産後の経過も若い人と比べると、どうしても順調とはいえない場合が多いものです。

高齢出産は増えている

周りを見渡してみると「高齢出産」が増えました。当たり前と言ってよいぐらい多いです。 私も、初めての出産は30歳です。 三番目の子は40歳近くで出産しています。

35歳過ぎて不安なことは「ダウン症」で赤ちゃんが産まれる確率が高くなってくるという事です。 決して他人事の悩みではありません。それでも、自分の子供が欲しい、ダウン症でも自分の子供が可愛くて仕方ないのが母親という存在だと思います。

不安ばかり抱えていても前進しません。妊娠ライフを楽しく過ごす為に、心配になる要素は捨てましょう。 妊婦のストレスは胎児に良い影響がありません。

↑このページのTOPへ