妊娠中毒の症状、原因、対策、治療など
妊娠 出産 育児サイト★明日もママ頑張るよ!

妊娠中毒症の原因

妊娠中毒症原因

中毒症の原因

お産が終わると症状は3ヶ月ぐらいでなくなるので、妊娠が原因の病気ともいえます。 以前から高血圧の人、高齢の人、肥満の人、多胎の人、 糖尿病を持つ人は中毒症を起こしやすいと分かっています。 妊娠中の過労や塩分の取りすぎも中毒症を引き起こします

中毒症発作原因

患者の血液が異常に固まりやすい状態(凝固能の慢性的な亢進という)になっており、 これが発作の原因と考える専門家もいます。

↑このページのTOPへ