妊娠中毒の症状、原因、対策、治療など
妊娠 出産 育児サイト★明日もママ頑張るよ!

妊娠中毒症の治療

妊娠中毒症の治療

基本は血圧コントロール

治療の基本は、血圧のコントロールを中心に、赤ちゃんのために胎内環境を悪化させないことです。 安静、食事療法、薬物療法などを行いますが、治療内容は症状の程度によって違います。 また、もし胎盤機能の低下やIUGRなどが見られた場合には、人工早産になる場合もあります。

安静

程度によって自宅安静、入院安静などが指示されます。自宅では、午後夕方は横になるよ良いでしょう。 安静にすると胎盤や腎臓に行く血液の量が増えるので、赤ちゃんにもママにも良いのです。

食事療法

高タンパク、低脂肪の食事で、カロリーと塩分を制限します。 塩分については、重症度によって違いますが、7g程度に抑えます。 水分は、極端な腎機能低下がなければ、制限することはありません。

薬物療法

降圧剤はママの血圧を下げますが、急に血圧が下がると胎盤や赤ちゃんへの血流が減るので、 注意して用います。通常は入院して行います。前回、重症の妊娠中毒症だった人は、 予防のために低用量アスピリン療法を行うこともあります。

↑このページのTOPへ