つわり対策・解消。妊婦さんつわりの悩み。妊娠初期症状。
妊娠 出産 育児サイト★明日もママ頑張るよ!

つわり対策・解消方法

つわり対策・解消

つわりの時は、食べたいものを食べて、しっかり水分補給を!!

つわりがひどくて食事ができないと、赤ちゃんに栄養が行き届かないのでは? と心配するママも多いのですが、この時期の赤ちゃんは本当に小さく、まだ栄養のことを心配する必要はありません。 赤ちゃんへの栄養はママより優先的に行き届くようになっているので、 食べられるものを食べたいときに少量でもいいので口にするようにしましょう。

食べたいものが栄養価の少ないジャンクフードでも、 この時期はまず食べることを優先しましょう。

つわりの緩和食(妊婦食)

つわりは、赤ちゃんからのお知らせ便り

つわりが辛いと、つい赤ちゃんを責めてしまいになりがち!! ママも、この辛さを何処に当たって良いのか分かりません。 でも、つわりは、赤ちゃんが「育ってるよ。ママ♪」 と知らせてくれる大切なお便りなのです。 つわりは、赤ちゃんがママに発信する元気信号と受け止めましょう!! 気持ちが切り替わると症状も軽くなるかもしれません。

今までの人生、どんな困難も乗り越えて来た私たちは、つわりぐらいで負けてはいけません。 もっと、大きな悩みは、これから沢山あると思います。 子供の明るい未来、自分の母親の姿を想像しながら 妊婦・妊娠ライフを楽しみましょう。

妊娠中のつわりを和らげる対策

つわりバンド

妊娠初期症状つわり対策
●シーバンド 妊娠中のつわり対策に


シーバンドは、船酔い、車酔い、飛行機酔いなどの乗り物酔い、妊娠中のつわりの不快感を軽減してくれるリストバンドです。 手首にある内関(ないかん)とツボを刺激することで効果を発揮しますので、眠酔い止め薬を飲んだときの眠気などの副作用は一切ありません。 ですから、副作用が心配な妊婦さんでも安心してお使い頂けます。

妊娠初期症状つわり対策
シーバンドの使い方は、人差し指と中指と薬指で手首の内側に触れ、手首から指3本分下の腕の腱の部分に、 シー・バンドのボタン部分がくるように装着します。プラスチックのボールが手首の内側の少し下にある「内関(ないかん)」というツボにあたるよう調節するだけです。

それぞれの手首に1本づつバンドを着けてください。また、シーバンドは乗り物に乗る前に着けても、 乗ってから着けても構いません。 睡眠中につけていても害はありません。 もちろん、繰り返し使用したり、連続して着用でき、使用後は石鹸またはマイルドな洗剤を使用して洗えます。

妊娠初期症状つわり対策
●シーバンド 妊娠中のつわり対策に

素材:ポリオキシメチレン、ゴム、ナイロン、アクリル、エラスタイン
サイズの目安:手首まわり 約12~26cm

つわり対策グッズ

●つわり対策グッズはこちら
アロマ、紅茶、バンドなど、つわりを和らげてくれるグッズがあります。 妊娠中のつわりは本当につらいです。少しでも和らげて妊娠生活を楽しみたいですね。

↑このページのTOPへ