思い通りに行かないと友達に噛み付く
1歳〜6歳の育児の悩みQ&A、しつけ、生活習慣など。

明日もママ頑張るよ!HOME > 子供の育児 > 育児の悩みQ&A > 思い通りに行かないと友達に噛み付く

育児の悩みQ&A

思い通りに行かないと友達に噛み付く

【ママの育児悩みQ】
友達の玩具が欲しいときなど、相手に噛み付きます。

噛みつく癖があるなら目を離さずに

この年齢は自己中心性が強い時期です。 思いどおりにしたいのですが、相手も同様に自己中心性が強いわけですから、おもちゃを離さない。 言葉も思うように出ないので、「欲しい」という思いを通すためにガブッと噛みつくわけです。

そういう時は、その場ですぐ諭しましょう。噛みついた子の目を見て「噛んだらダメ。お友達が泣いているよ。」 と怒るのではなく諭すことが大事です。 手をパチンとたたいて「痛いでしょ」と、痛みを教える事も必要かもしれません。 お友達のママにも、きちんと謝りましょう。 また、遊べるようにその後の配慮も必要です。

噛みつく子供は、言葉が上手に言えなかったり、気持が伝えられない時に噛みつくケースが多いようです。 幼稚園の先生では「噛みついてから叱るのでは遅いので、噛みつく前に注意する事が必要。親は目を離さないで」という話もあります。

子供育児 子育て

▼子育て・しつけに困った時は、オススメの育児書です▼
0‐6才 新しい「しつけ」の本―「自分でしたい」「自分でできる」の見守り方がわかる
0‐6才 新しい「しつけ」の本―「自分でしたい」「自分でできる」の見守り方がわかる

 1,365円(税込)
「教える」「育てる」よりも、ゆとりを持って子どもを「見守り」「支える」こと、それが新しい「しつけ」の親の役目です。子どもの育つ力を信じ、長い目で「子育ち」を応援していきましょう。614人の体験満載。


赤ちゃん育児