妊娠しやすい体づくり
妊娠したい人にとって重要な排卵日を予測。排卵日おりもの、排卵検査薬、妊娠基礎体温、出産予定日を計算

妊娠しやすい体をつくる体質・生活改善
  1. トップ
  2. 妊活
  3. 妊娠しやすい体づくり

妊娠しやすい体づくり

妊娠と排卵日

妊娠を計画するのに「妊娠しやすい排卵日」を知ることが第一歩です。 妊娠排卵日を正確に知る必要があります。排卵日は個人差があり、前後ずれもあります。 妊娠しやすい体をつくる為に、体質改善をして健康的な生活をする必要があります。 生理周期を知る為にも、自分の体と向き合う事が必要です。

排卵日の関連情報

妊娠しやすい体のための栄養学

食べ過ぎ注意

昔から「腹八分目に医者いらず」という言葉があります。 「食べ過ぎない」「飲みすぎない」というのは、健康を保つための鉄則です。 食べ過ぎていては、胃腸を苦しめています。

妊娠しやすい体づくり肥満

チョコレート、ジャンクフード、外食、添加物食品に頼り過ぎていませんか? 食の乱れ、食のアンバランス、胃腸の乱れとなります。 まずは、妊娠しやすい体づくりを始めるには、規則正しい食生活を送る事です。 食生活が乱れている場合は見直す必要があります。

不妊と冷え症

果物や甘いものが過ぎている人は、冷え症になり、生殖器の異常をおこし、生理不順となり、生理困難症と発展して行きます。それがさらに 不感症・冷え症になり、不妊症となる原因とも言われています。

体を温める食べ物を摂取しましょう。玄米、もしくは分づき米、根菜類、生姜などがオススメです。 煮物にして体の底から温めましょう。

妊娠しやすい体づくり冷え症

冷え症の方は、菓子類、ジュース類、うり類、肉、油っこい魚、おかずや果物の食べ過ぎに多いです。 特に瓜類や果物を食べ過ぎると冷え症になり、血行がにぶくなるので婦人科の弱い人は注意します。 手作りの自然食をバランスよく食べていれば、体質は改善されます。

適度な運動

過激な運動は避け、適度に運動をします。 一日40分以上歩くと良いと言われています。 運動する事で全身の血行が良くなり、冷え症や体質改善になります。

お酒とタバコは控える

タバコを吸うと血管が細くなり、血流が悪くなると言われています。 妊娠しやすい体をつくる為に、健康的な体づくりを心がけます。 お酒もなるべく控えるようにしましょう。

ストレスは発散する

誰もが抱えるストレス。ストレスを持たない人はいないのです。 上手に発散してストレスを抱えないようにしましょう。 運動をしたり、音楽を聴いたり、お友達に相談して気持ちを楽にするなど、 ストレスを発散しましょう。

睡眠をしっかりとる

夜型人間の方は、朝方になるように改善して行きましょう。 寝る事は、体を休める事になります。脳を休め、体を休める事によって 体は健康を維持します。寝不足はストレスの原因になるので0時前には布団に入ってるように心掛けましょう。

妊娠体質改善 関連情報

妊娠しやすい体づくり 妊娠しやすい食べ物