仕事・資格
PR

出産後の再就職に有利な人気の資格

honobono
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

産後の再就職に向けて

妊娠・出産を経て、産後、いざ就職しようとした時、以前、働いていたように、自由な時間がありません。

産後は、育児が最優先になり、仕事や自分の時間は後回しになるからです。フルパートや正社員で働いていたお母さんも、いざ再就職をしようとしたら、ブランクがあり、思うように再就職が出来なくて困るケースがあります。

ママの時間配分
  • 子供のと時間60%
  • 家事30%
  • ママの時間10%

子供の年齢、保育園や幼稚園、小学校など、子供の年齢によって、ママの空き時間は変わってきます。子供が幼いと、子育ての為にお母さんの時間は奪われます。

以前、働いていたお母さんは、産休を使って職場復帰する方もいますが、大抵のお母さんは、妊娠・出産を機に、会社を離れている人がほとんどです。

産後の再就職の為に、資格を取得するママ達が増えています。

ママ達が取得しやすい資格ランキング

ランキング1位
医療事務

産後の再就職あると便利

医療事務の募集は、年齢関係なく幅広く必要とされています。

医療関係は、これからも需要のある仕事です。病院、歯医者、皮膚科、耳鼻科、整形外科など、多くの病院が医療事務を必要としています。年齢層も幅広く、多くの女性たちが活躍しています。

ランキング2位
日商簿記3級

事務職の仕事を目指すなら!

事務仕事は、土日・祝日が休みなど、子供の休みと合わせやすいです。

安定した会社で働けるので、とても人気のある資格です。経理事務で働く事が出来ます。事務系を目指すなら、持っていると便利な資格です。

ランキング3位
医薬品登録販売者

セルフメディケーションの推進

ドラックストア以外にも、医薬品のインターネット販売、コンビニやスーパーなどでの販売が可能になり、登録販売者の需要も増加しています。

セルフメディケーションとは「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」。登録販売者が健康の相談に乗り、お薬を選ぶサポートをしています。

ランキング4位
調剤薬局事務

薬剤師のサポート調剤事務

調剤事務の需要もあり、人気のある資格です。薬局の事務で働くのに必要な知識が学べます。

産後のママ達が働きやすい仕事、調剤事務です。年齢不問、未経験者での募集も多く、産後や、育児をしながら資格を取って、働くママが多いです。

created by Rinker
¥49,000 (2024/03/02 14:26:18時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥39,000 (2024/03/02 14:26:19時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥39,000 (2024/03/02 14:26:19時点 楽天市場調べ-詳細)



独学で勉強をする方法

子育て優先のママは、自分にかけるお金は、必要最低限です。子供に、お金がかかるので、あまり自分には、お金をかけれません。

ですが、自己投資も大切です資格を取得する事で、再就職に繋がります。

私は、資格を取得する為に、子供が留守の時や、寝ている時間に勉強をしました。子育て、家事が終わってからなので、夜、勉強していました。

ゆたぽん
ゆたぽん

医療事務で午前中働いています。午後は、子供が学校から帰って来るので、その頃、帰宅出来るように午前中の仕事です。

さくらママ
さくらママ

子供がいるので、通信講座や独学が便利でした。学校に通うと、通学や勉強時間で一日を費やしてしまうので、自宅で勉強出来る通信講座で資格を取りました。

めぐママ
めぐママ

子供の成長と共にお金がかかる

子供が成長するにつれて、子供にお金がかかります。習い事や食費、家計費、公共料金など、増えて行く一方です。

どんなに節約を頑張っても限界があります。そこで、子供が幼稚園に行っている間、学校に行っている間に働く事が出来ます。

資格を取る事で、スキルアップにも繋がり、再就職や転職のチャンスになります。これから、子供達の学費や食費など、出費は増えるばかり。出産後の再就職に有利な資格を取って、働くママ達が増えています。

医療事務の資格
調剤事務の資格
登録販売者独学勉強方法
登録販売者勉強方法



ABOUT ME
ゆたぽん
ゆたぽん
3児の母/医薬品登録販売者/医療事務/調剤事務
妊娠・出産・育児を経験して多くの事を学んでいます。母親として人として、日々、自分を磨く毎日です。

育児をしながら医薬品登録販売者・調剤薬局事務・医療事務の資格を取得して、家庭に役立つセルフメディケーションを学んでいます。 自然療法・自然料理教室に通い、東洋医学・西洋医学共に興味あり。
記事URLをコピーしました