妊娠・出産
PR

高齢出産のリスク*妊娠中、気を付ける事

honobono
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

高齢出産リスク

現代は、高齢出産が増えています。当たり前になっていますよね。私も、三人目を出産したのは、高齢出産でした。

ゆたぽん
ゆたぽん

高齢出産とは

以前は、30歳以上の初産を「高年初産」としていましたが、 1991年から「35歳以上」と改められました。 晩婚が増えている今日、「高年初産」も珍しいものではありません。

体力的に考えれば、もちろん若いほうが楽には違いないけれど、高齢出産の場合 経済面や精神面でゆとりがあるため、 母親がゆったりした気持ちで赤ちゃんを迎えられるというメリットもあります。
高齢初産と反対に、19歳以下の若さで分娩することを「若年初産」といいます。 高齢・若年妊婦、初妊婦、肥満型、高血圧の人は妊娠中毒症にかかりやすいと 言われています。

高齢でも、2回目の出産なら35歳過ぎでも20代と変わらない

一度でも、経験をしていると軟産道の状態が初産のときとは変わっているため、 比較的開きやすく、安産な状態になっているのは確かです。 初産に比べて分娩しやすいが体調の変化には注意が必要!!

高齢のリスク

20代をピークとして、年齢が進むにつれて一般的には妊娠を維持する能力は低下します。 例えば、高年齢となると、流産や早産の頻度が高くなります。

高齢出産は増加傾向

晩婚の現代、女性が働くようになり高齢で出産する女性が増えています。 体を労り、健康に気を付けて無事に出産する方も多いです。 無理をせず、早寝、早起き、適度な運動、脂分の少ない和食、温野菜をとるなどして体を大切にしましょう。 体の冷えも要注意です。

初めての出産が、40歳近くだった友達もいます。妊娠中は、体調管理に気を付ける必要がありますよね。

さくらママ
さくらママ

ものすごく若くして出産してるママ友達もいますが、私の周りは、30歳過ぎで出産する人が多いです。食事・睡眠を規則正しく取って、体を冷やさないように気を付けないとですね。

めぐママ
めぐママ
created by Rinker
¥1,760 (2024/05/18 05:54:20時点 楽天市場調べ-詳細)



ABOUT ME
ゆたぽん
ゆたぽん
3児の母/医薬品登録販売者/医療事務/調剤事務
妊娠・出産・育児を経験して多くの事を学んでいます。母親として人として、日々、自分を磨く毎日です。

育児をしながら医薬品登録販売者・調剤薬局事務・医療事務の資格を取得して、家庭に役立つセルフメディケーションを学んでいます。 自然療法・自然料理教室に通い、東洋医学・西洋医学共に興味あり。
記事URLをコピーしました