赤ちゃん育児
PR

離乳食の進め方

honobono
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

離乳食進め方

離乳食をスムーズに進めるために

離乳食について

離乳食スタート。 授乳のリズムや睡眠のリズムはきちんとついているでしょうか。 離乳食をスムーズに進めるためには、授乳にリズムが整って、 早寝早起きであることが理想的

離乳食をはじめるのは5ヶ月ころから

離乳食を始めるのは、準備が整いさらに赤ちゃんの発育も順調であれば、 だいたい赤ちゃんヶ月、体重が6Kgになったくらいがスタートの目安になります。 ただし、それも個人差があります。 何回か試してみて、赤ちゃんにその気が無いようなら、もう少し様子をみてみましょう。

離乳食は焦らず、ゆっくりと進めましょう

離乳食はともかく焦らないことが大切です。 最初は、1日に1さじずつ。 赤ちゃんがうまく食べてくれなくっても、きっといずれは上手に食べてくれるもの。 無理強いせずにのんびり進めていきましょう。

離乳食の味付けは薄味に

離乳食は出来るだけ薄味を心がけて。 赤ちゃんはまだ腎臓機能が未熟なので、塩分が濃いとそれだけ腎臓に負担をかけてしまいます。 また、小さい頃から濃い味に慣れてしまうと、大きくなってからも濃い味付けを好むようになります。 離乳食の味付けは素材の味を十分生かし、もし調味料を用いるとしても、本当に少量にとどめておきます。

いろんな味に慣らしてあげよう

スタートの頃は、あまりよくばりすぎなくても良いですが、ある程度赤ちゃんが離乳食に慣れてきたら、 栄養のバランスを考えたうえで、いろんな味に慣らしていきましょう。 赤ちゃんがよく食べるものばかりでなく、野菜などもいろいろな種類のものを調理してあげましょう。

created by Rinker
¥1,858 (2024/04/16 21:09:56時点 楽天市場調べ-詳細)

離乳食を楽しく進めるコツ

赤ちゃんには赤ちゃんのペースがあります。 よその子が自分の子より離乳食が進んでいる、あるいは、たくさん食べるからうらやましい・・・と、 他の事比較するのは無駄なこと。 個人差がありますから、その子なりに、たべていれば大丈夫です。



ABOUT ME
ゆたぽん
ゆたぽん
3児の母/医薬品登録販売者/医療事務/調剤事務
妊娠・出産・育児を経験して多くの事を学んでいます。母親として人として、日々、自分を磨く毎日です。

育児をしながら医薬品登録販売者・調剤薬局事務・医療事務の資格を取得して、家庭に役立つセルフメディケーションを学んでいます。 自然療法・自然料理教室に通い、東洋医学・西洋医学共に興味あり。
記事URLをコピーしました