産婦人科の選び方、いろんな出産・分娩方法など
妊娠 出産 育児サイト★明日もママ頑張るよ!

誘発・促進分娩

誘発・促進分娩

誘発・促進分娩

陣痛の強さを調節できる子宮収縮剤を使用することで、 必要な場合には陣痛を誘発したり、促進したりが可能です。 母子の体力が分娩まで持たない、と医師が判断した場合には、 分娩誘発、促進が行われることがあります。

陣痛(分娩)の誘発

陣痛の誘発や増強は、手軽にかつ確実に行うことが出来るようになりました。 それだけに安易に行われる傾向がありますが、行うからにはそれなりの理由が必要です。

陣痛の誘発には、子宮収縮剤を用います。 用いられる子宮収縮剤には三種類ありますが、このうち分娩の誘発の目的で使われるのは、 プロスタグランヂンとオキシトシンの二種類です。

誘発剤は自然の陣痛に近い陣痛をおこすので、子宮口が硬く、まだ開いていな場合に有効です。

↑このページのTOPへ