1. TOP
  2. ママのオシャレ
  3. 布ナプキンの作り方

布ナプキンの作り方

自分で作れる布ナプキン

【用意する物】
ダブルガーゼ
ネル生地
スナップボタン

先日、布ナプキンを作った所、周りの友達にも好評だったので、更に作りました。

紙ナプキンのデメリット

紙ナプキンは、便利、手軽、使い捨ての三拍子揃って、使うのが常識ぐらいに思っていましたが、デメリットを知り、ショックを受けました。

紙ナプキンは、化学物質が大量に使われています。水分が吸収する吸収帯は「熱さまシート」と同じだそうです。なので、女性は、下半身を冷やしているという事になるのです。それと、紙ナプキンを漂白する時に使う漂白剤は「ダイオキシン」が検知されているそうです。

紙ナプキンは、もちろん使っていましたが、タンポンなんて奥に入れるわけですから、大問題ですね。女性の不妊症、子宮の病気などは、生理用品が便利になるにつれて増えているのかもしれません。

紙ナプキンはかぶれる

おりものライナーを使っていたのですが、かぶれます。産婦人科に行って、お薬を処方して貰いました。それでも、懲りずに使っていたら、かぶれました。「もしかしたら、紙ナプキンが原因?」と思い、ネットで調べたら、やはりそのようです。

紙ナプキンは、かぶれる、ムレる、カビの原因になる。と悪い事三拍子揃っていました。布ナプキンに変えて、かぶれる事もありません。少しの尿漏れも気にならないです。

布ナプキンの作り方

布ナプキンの作り方
水通しをします。ダブルガーゼ、ネル生地は、濡れると収縮するので、一度、水に浸けて、絞って乾かしてアイロンをかけてから使います。

布ナプキンの作り方
ミシン買いました!以前、使っていたミシンは調子が悪い上に縫い目が汚い。当時、新古を1万円ぐらいで買いました。少しミシンも上手になって来たので、ここで良いミシンを買いました。JUKIミシンです。ミシンの世界では、有名です。このJUKIミシンを選んだ理由は「パワーがあり、直線縫いがキレイ」で有名だからです。

使っていたミシンは、縫い目が汚く、縫い目が飛ぶ時もあったり、上糸と下糸のきつさが違ったりと、安いミシンに期待をしてはいけませんが、粗い縫い目でした。

JUKIに変えて大成功でした。パワーはあるし、カーブもキレイに縫える。もっと、早く買えば良かったです。
●楽天で「JUKIミシン」をみる
●アマゾンで「JUKIミシン」をみる

布ナプキンの作り方
布ナプキンの型は、ネットで「布ナプキン 型」で検索しました。少し、自分用にアレンジしました。生地を縫います。

布ナプキンの作り方
JUKIミシンの縫い目。以前、使用していたミシンと比べて、はるかにキレイです。

布ナプキンの作り方
ひっくり返して、アイロンをかけます。ひっくり返し用に3センチ縫わない。

布ナプキンの作り方
3センチ残した部分

布ナプキンの作り方
ミシンで縫います。JUKIミシン、縫い目素敵です。

布ナプキンの作り方
外から1センチ中を縫いました。ずれ防止です。


スナップボタ付けます。

●楽天で「スナップボタン」を探す
●アマゾンで「スナップボタン」を探す


布ナプキンの完成。前回作った布ナプキンはこちら。買うと高いので、自分で作ってみました。